しんぺりのライフジャーナル

当ブログは福岡市を中心に活動している管理人の人生日誌となっています!食レポ・音楽・商品紹介・バンド活動日誌といった人生のブログをお楽しみください。ご連絡はこちらまで!unknowns.vo@gmail.com

コウシキャンプで食レポ!福岡大名にあるジビエ系メニューが絶品!

コウシキャンプの食レポ記事のサムネイル

福岡にはあまり知られていない、隠れ家的な魅力を誇る料理店が数多く存在しています。そんな中、隠れたジビエ料理店という事で今回向かったお店が、ジビエ料理などの超新鮮食材を使った料理が食べられる創作居酒屋、コウシキャンプさんです!知る人ぞ知る福岡市内でも屈指の超穴場スポットであるコウシキャンプさんに初めてお邪魔しました!何から何まで感動したので、レポートさせていただきます!

 

  

お店について

大名の建物の森に隠されたまさに隠れ家!

コウシキャンプの看板

西鉄天神駅から徒歩で15分くらい歩いたところにコウシキャンプさんはあります。が、店舗情報にも記載されていますが相当わかりづらい場所です!笑

私も到着時間を15分以上オーバーしてしまうほど迷ってしまいました。特に大きな看板があるわけではなく、だいたいこの辺だろうというところをウロウロしていると壁に小さくコウシキャンプさんの看板を見つけました。目印は長い石畳で出来た通路です。そこを奥に進んでいくとコウシキャンプさんのメイン看板が見えます。

正直わかり辛かった...遅れてごめんなさい。

こんな時はお店に一本連絡を入れような。

コウシキャンプの入り口

外見からしてコテージを思わせるような作りになっていて、THE☆隠れ家!という雰囲気でした。看板を通り過ぎて階段を登り細い道を通ると入口のドアがあります。

 

キッチンには専用の囲炉裏や窯が!

コウシキャンプの店内の様子

中に入るとカウンター席がずらりと並んでいます。テーブル席も奥の方に見受けられました。カウンター席に囲まれた真ん中の厨房には、なんと焚き火を思わせるような調理場の火がありました!食材を焼いたり、また奥の方には窯があり、さっそく店員さんが注文を受けたメニューの調理で使っていました。これは相当期待できますね、どんな料理が食べられるのか楽しみです!!

 

メインのジビエ料理が目の前で選べる!

コウシキャンプ自慢のジビエ肉の数々

上記はジビエ肉を含めたコウシキャンプさん自慢のお肉です!左端から

☆富山県産イノシシメス(ドンコ)

☆熊本県やまあい村 放牧走る豚の肩ロース

☆埼玉県産ジャージー黒毛和牛オス外もも

☆九州産黒毛和牛ハラミ

☆鹿児島産サーロイン

などなど...様々なメンツが目の前で並べられました。お肉は絵力があるものですが、これはなかなか膝が震える迫力でした。笑

 

鹿児島サーロインステーキの断面

私がコウシキャンプさんに行くきっかけとなったのが「ジビエ料理が食べたい!」という思いがきっかけです。

ジビエ料理ってなんぞ?という方のために簡単に説明致しますと、ジビエという言葉は元々フランス語で、狩りによって食材や食料として掴まれられた野生の動物のことを指しているそうです。要するに狩猟肉ですよ!

牛や豚などの家畜とは違い、猪や野ウサギや熊や鹿、他には鳥類(マガモやアヒル)などが代表的なジビエ肉ですね。

私は実家で猪の肉は食べたことがあります。知り合いが実際に捕まえて肉にしたとか...初めて食べましたが、なかなか美味しかったのでお店でジビエ料理が食べたくなったという訳です!!

超おしゃれな雰囲気と並ぶ肉の数々...全てが眩しい...泣

超穴場を発見した瞬間でした。

実際に食べたもの

豊前海の一粒牡蠣

豊前海の一粒牡蠣

こちらは期間限定でおすすめされていた豊前海の一粒牡蠣です!超絶クリーミーと紹介されていましたが、その言葉はウソではありませんでした。取れたての超新鮮かつ超濃厚の一粒牡蠣を塩とレモンで頂きました。ここ最近牡蠣を食べていなかったのですが、ここまで美味しい生牡蠣がこんなところで食べられるなんて思ってもみませんでした。後味も塩とレモンでさっぱりなのでとても食べやすかったです。

こんなおいしい牡蠣はここらで食べられないぞ!!

ちなみに豊前海は福岡と大分の間に面する海だぞ

釜焼きトマトとモッツァレラチーズ

釜焼きトマトとモッツァレラチーズ

こちらは窯焼きトマトとモッツァレラチーズです。冒頭でお見せした特製の窯でトマトを丸ごと一つ焼いて、その上にモッツァレラチーズが乗せられています。味付けは非常にシンプルでオリーブオイルと塩コショウというベストなコラボでした。トマトが好きな人は必ず手を出す一品でまず間違いはないでしょう!

窯焼きの魅力を最大限に発揮している!

トマトを窯で焼くって発想は浮かばないな。

COWSI風ゴマサバ

COWSI風ゴマサバ

こちらはCOWSI風ゴマサバです。海鮮系のメニューもかなり充実したクオリティを感じさせられる人品です。あっさりしめられたサバにゴマとみょうがの絶妙なトッピングが神がかっていました。お酒のつまみなど無視してメインディッシュとしても食べられる美味しさでした。

あっさりしてるけど、サバのおいしさが十分に伝わる人品!

小鉢料理的な扱いにはできないクオリティだ。

牛タントリュフチーズ

牛タントリュフチーズ

こちらは牛タン+トリュフチーズです。お肉にこだわりのあるコウシキャンプさんがおすすめする牛タンの上にトリュフが混ぜられたチーズが振りかけられています。牛タンのジューシーさとトリュフのいい風味をまとったチーズのまろやかさが絶妙な味わいでした。個人的に白飯と一緒に食べたかったです。 

すき家で牛タントリュフチーズ丼出したら絶対売れる!

すげー高い牛丼になりそう...

富山県産イノシシメス(ドンコ)

富山県産イノシシメス(ドンコ)

そしてこちらは今回コウシキャンプさんに足を運んだ最大の目的であるジビエ肉

富山県産イノシシメス(ドンコ)です!

猪の肉って皆さんどんなイメージでしょうか。私は最初は「なんか少し毛が生えてそうだし硬くて食べるには少し抵抗がある...」なんて人も少なくないのでは??

そのイメージを払拭させてくれるのはコウシキャンプさんのジビエ肉です!お肉と脂の部分がちょうどいいバランスで、特に脂の部分は罪悪感がない食べやすさでした。お肉の部分は文句無しの柔らかさと締まった肉の食感がたまりません。今回は塩や刻んだみょうがなどでさっぱり頂きました。正直イノシシ肉に対する考え方が180度変わります。超うまいです!!

しんぺりはイノシシを愛することに決めました。

騙されたと思って食べてみて。騙されないから!

管理人の評価は?

美味しさ ★★★★★ 5/5
満足度 ★★★★★ 5/5
コストパフォーマンス ★★☆☆☆ 2/5
おすすめ度 ★★★★★ 5/5

私個人の意見とはいえ、ここまでの料理のクオリティとお店の雰囲気はそこら辺ではなかなか味わえないのではないかと思います!お値段の方は結構気合いのいる金額ですが、贅沢したい日に足を運べば満足すること間違いなしです!総合的な判断は大満足でした!!美味しいお肉が食べたい方、是非一度訪れてみて頂きたいです!

当記事のまとめ
  • 超隠れ家&ハイクオリティな食材の数々!
  • 目の前でメインのジビエ料理が選べる!
  • 暖炉と窯を目の前に飲むお酒と料理が超美味しい!

店舗情報

店舗情報一覧
店名  コウシキャンプ 場所 福岡県福岡市中央区大名1-4-29 GW BLD 2F 
時間  18:00〜24:00 定休日 不定休 
問い合わせ 050-5596-6633  支払い 現金、クレジット 
座席

26席(カウンター18席、テーブル4席)

貸切 有り
個室 無し 駐車場 無し
予約 可能 禁煙・喫煙 完全禁煙(喫煙スペースあり)

福岡の隠れたジビエ料理店、堪能して頂けたでしょうか!

スタッフさんもイケメンだし、デートのお店選びに困ったらここだ!

 

ホットペッパーで予約する!

https://www.hotpepper.jp/strJ001218278/

食べログで予約する!

https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40049315/

ぐるなびで予約する!

https://r.gnavi.co.jp/g234nzha0000/

 

合わせて読みたい!

福岡県を代表するジビエ料理店、関東から福岡へ出店した「焼きジビエ 罠」さんです!ジビエを初めて食べるならここからがオススメです!

www.shimperyrockin.com

 

※福岡市中央区、大名のど真ん中にある隠れたジビエ料理の名店「ニコアパルトマン」です!焼きジビエ 罠さんの系列店でもあるぞ!

www.shimperyrockin.com

お知らせ

最後まで読んで頂きありがとうございます。ご意見やご感想など随時受け付けておりますので、コメント欄もしくはこちらのメールアドレスまでご連絡いただけたら幸いです。unknowns.vo@gmail.com